トップ>スタビライザーでロール抑え>
右横のBOXで、カーパっちょでお取り扱い商品を検索!パーツを検索!

レッツDIYン スタビライザーでロール抑え


よく、乗り心地を保持したまま、ロールを抑えるというふれこみで、スタビライザーを交換するといった流れのお話を聞きます。

確かに、少し太いスタビライザーに変更した場合、そういった効果になります。純正パーツを流用してそのようにする場合が多いです。

社外品の物となると、純正パーツの流用から比べると、やはり多少のゴツゴツ感は出てしまいます。しかし、純正の足にスタビライザーを太くするといったチューニングはなかなかオススメです。

というのも、ロールをガッチリと抑えてしまう物ではないため、適度のロールとコーナーでの踏ん張りが生まれるためです。

その結果発生する副作用としては、車がコーナリング中に若干アンダーステアが強くなる点です。

スタビライザーは、そういった特性に「味付け」するパーツです。
動きをシャープにする等は、ショックアブソーバの交換等になってしまいます。

ハンドリングのレスポンスを改善死体だけならば、アッパーマウントを交換するだけでカナリツボにきます。


フロントとリア、同時に交換するのか?


ノーマル然とした足回りであれば、特に好みがなければ、とりあえず前後の交換も良いでしょう。同じメーカーの、同じタイプのスタビラーザーが前後共に発売されているなら、です。

車高調や、社外のショックに変更して減衰がかなり変わっている場合、あくまでセッティングの中でということでスタビライザーの変更をしたりします。

場合によって(非常に減衰力が高められてロールが抑えられている)は、逆にスタビライザーを外してしまったりする場合もあるようです。管理人は撤去したことはないですが。

また、スタビライザーによっては、強さを調整できる物があります。スタビライザーを取り付けるボルト穴の位置を変更することによって、堅さが変更できるのです。そういった場合は前後共に交換してから調整する、といった事になります。


交換した結果どうなるか、まとめ


・フロントのスタビライザーを径の太い物に交換 → コーナー進入時のオーバーステアが、アンダーステア傾向に変化

・リアのスタビライザーを径の太い物に交換 → コーナー脱出時のオーバーステアが、アンダーステア傾向に変化

どちらも交換した場合、前後の調整を行って特性を変化させましょう。