トップ>車輌のジャッキアップ>
右横のBOXで、カーパっちょでお取り扱い商品を検索!パーツを検索!

レッツDIYン 車輌のジャッキアップ


車輌のジャッキアップはタイヤ交換の基本でもありますし、DIYではよく発生すると思います。

ジャッキアップ作業自体は困難なものではありませんが、勿論注意が必要です。

当サイトでは、車輌に付いてくる純正のジャッキではなく、2tまでジャッキアップ可能な社外の油圧ジャッキをオススメしています。
車輌のジャッキアップポイントで持ち上げるのに最適です。

純正のジャッキでは、車輌の「揺れ」に非常に弱いのです。
重作業になっていくと、車体を結構揺らすこともありますので、ジャッキが破損して車輌が落下することもあります。


ジャッキアップポイントは?


車輌の両サイド前後に、ジャッキアップポイントがあります。

車輌の説明書に書いてあるジャッキアップポイントを調べてみましょう。

前輪の後方、後輪の前方で、サイドシルの下部で鉄板が溶接され強度が高い部分があります。大抵、ジャッキアップポイントを示すように厚くなっていたり、丸く切り込みがはいっていたりします。


オススメの油圧ジャッキは?


油圧ジャッキは、ラバークッションアタッチメントの付いた物をチョイスしましょう。

ラバークッションアタッチメントが無い場合は、別途取付可能なタイプの油圧ジャッキを選択します。
ラバークッションアタッチメントを使用しないでサイドからジャッキアップした場合、ジャッキアップポイントを著しく痛めます。

また、整備する車輌の車高が低い場合は、ローダウンに対応した薄型の油圧ジャッキも存在しています。

薄型のジャッキを用いない場合は、スロープ台に車輌を乗せてしまえば、ジャッキアップすることが可能となります。


油圧ジャッキの例 ラバークッションアタッチメント
純正ローダウン車のタイヤ交換などの作業が簡単! 車のサイドからジャッキアップする為のアタッチメント


ジャッキアップする前に、車輌の状態確認!


ジャッキアップする際は、平坦な場所にて行います。また、なるべく水平な場所を選択します。エンジンは停止します。

ジャッキを入れる場所が前方であれば、サイドブレーキを掛けた上、マニュアル車なら1速に入れておきます。
逆に、後方からジャッキアップするのであれば、マニュアル車はバックギアに入れておきます。
どちらも、オートマチック車であれば、PレンジでOKです。

さらに安全性を向上させるため、タイヤストッパーをタイヤに挟みます。

また、タイヤを外して作業する場合は、サイドシル下にタイヤを入れておけば、ジャッキがはずれて車輌が落下しても、地面まで落ちずに済みます。
車の下に潜っていた場合は死を免れることが出来ます。(車輌下にて挟まれ、圧死する事故もあります)


スロープ台の例 タイヤストッパーの例
これなら使える??超低床カースロープ台【送料込み】 タイヤストッパー