トップ>バッテリーの端子を外す>
右横のBOXで、カーパっちょでお取り扱い商品を検索!パーツを検索!

レッツDIYン バッテリーの端子を外す


失敗しないように、ちょっと神経質に書いてみます・・・

車の電装を舐めてはいけません。車はショートによって簡単に火事になります。電装品の取付不良による出火は、大変な事態になります。

車の電装品脱着の基本として、必ず電装品の取付作業を行うときはバッテリーのマイナス端子を外しておきます。
勿論、ただ外していてもダメです。


なぜバッテリーの端子を外すのか


車の電装品は、ボディアースが基本です。

バッテリーからやってきた電流は、車のボディに流れて帰っていきます。

もし電流が流れている線と線を接触させてしまったら、ヒューズが切れてしまい、そのヒューズの部位の電装品は稼働しなくなります。

ヒューズが切れるだけなら可愛いのですが・・・・


バッテリーのマイナス端子脱着を学ぶ


バッテリーの端子脱着は、マイナス端子から始まり、マイナス端子で終わります。

まず、バッテリーのマイナス端子を外した後に使用するものを忘れてはなりません。マイナス端子を外したら、端子を軍手等電通しない物でくるみ、ショートを防ぎます。
その絶縁体を必ず用意してから作業を開始しましょう。

バッテリーの端子は、スパナで外します。+と−共にスパナで作業可能です。
マイナスの端子を外したら、先にも述べたように絶縁します。


バッテリーのプラス端子脱着を学ぶ


プラスの端子は、ショートを防ぐために必ずマイナス端子がはずれた状態で行います。
かつ、プラス端子をスパナで緩めているときも、電通する部位に接触しないように作業して下さい。スパナを通してショートします。


バッテリー本体の脱着を学ぶ


以上の端子の脱着の基本が分かっていれば、バッテリーの載せ替えも簡単です。

外す場合は、マイナス端子を外して絶縁、プラス端子を外して、バッテリー本体を外す。

逆に取り付ける場合は、バッテリーを載せて、プラス端子を付けて、マイナス端子を付ける。この順番です。